固定式メニュー
楽天で検索
アマゾンで検索
Googleで検索
Yahoo!で検索
Gooで検索

アッシュの情報商材辛口日記

優良な情報商材・使えない詐欺商材の辛口評価

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

情報商材とキャッシュバックについて

気持ちが収まらないので、またこの話題で。

情報商材のキャッシュバックを行っている

ブログ・サイトはたくさんありますし

それを違法と言うつもりはありません。

あくまで法律に則ってやっていれば、ですが。

まず、キャッシュバックしてもいい金額は

前回の記事に書いたように商品代金の20%までです。

商品代金には特典等を含めることが出来ますので

例えば30000円の商品に10000円相当の特典を付ければ

合計で40000円なのでキャッシュバックは8000円までは可能となります。

が、特典の価格・価値はどうやって決めるのでしょうか?

何かの商材を実践するのに、作業を効率化するツールを付けます、とか

追加資料を付けます、というのはよくある話ですが

(特典のツールや資料が必要な段階でその商材は終わっています)

そのツールはフリーソフトだったりってこともあるし

資料はフリースタンドレベルだったりすることもあります。

これでは特典の実際の価格はわからないですね。

それを考えると特典の価格を商品価格に組み込むのは

無理がある話と思われます。



次にレビューの買い取りをすることも

キャッシュバックに含めているサイトもあるようですが

これはどうなんでしょうね?

購入者へのキャッシュバックとレビューの買い取りは

当事者は同じですが別々の行為です。

混同してはいけないのではないでしょうか。


さて最後にキャッシュバックをしているサイトでは

特定商表記に基づく記載の無いサイトがあります。

銀行振り込みでは本名を出さずに振り込みが出来ます。

なので、偽名(ハンドル)で運営をしていることになります。

一方、キャッシュバックを受ける

購入者は本名、メールアドレス、銀行口座まで

サイト管理者(アフィリエイター)に知られることになります。

これっておかしくないですか?

特定商取引法によると「氏名等の明示の義務づけ」があり

特定商表記に基づく記載をしなければなりません。


これらをまとめると

・キャッシュバック率が20%を超えている

・特定商表記に基づく記載を出していない

こういうキャッシュバックサイトでは

購入すべきではないと言えます。



参考まで

http://corp.infocart.jp/tos/tos02.htmlからの引用ですが
キャッシュバックの総額は20%以下にしないといけません。
20%を超えた過激なキャッシュバック販売は違法行為です。
インフォカートのような販売代理業者が、アフィリエイターのキャッシュバック販売を許可(または容認)している場合は、販売代理業者自体に対して、キャッシュバック総額が20%を超えない管理と、一部の過激なアフィリエイターによる公正な競争を確保(他のキャッシュバックをしないアフィリエイターが販売競争に参加できない状況が発生しないよう管理すること)する義務が発生すると考えます。
インフォカートでは、この管理は出来ないと判断したため、インフォカートではアフィリエイターのキャッシュバック販売を許可していない現状があります。
ってことでインフォカートではキャッシュバックは禁止になっています。

また、http://www.infotop.jp/html/undou/daisansha.phpからの引用ですが
2009年2月よりインフォトップではアフィリエイター特典としてのキャッシュバックは
全面的に禁止となりました。
つきましては、インフォトップ決済を使用した商品のキャッシュバック行為は
警告対象とさせていただきます。

なお、レビュー買取サイトにつきましては、購入者の提供したレビューに対して
アフィリエイターが報酬を支払うという買取目的の行為にあたるため、
現状インフォトップでは規約違反にはなりません。
ただし名目のみ「レビュー買取」と称し、実質的には従来通りキャッシュバックのみを
行っていることが発覚した場合、警告対象となることがございます。
ってことでインフォトップでもキャッシュバックは禁止になっています。

名目だけのレビュー買い取りについてまで書かれていますね。


インフォスタイル等ではキャッシュバックは禁止されていませんが、

法律の適用はされます。

ってことは・・・

「前回の記事に出したサイト」は

景品表示法にも特定商取引法にも違反していますね。


通報するなら

景品表示法⇒消費者庁に

特定商取引法⇒これまた消費者庁に

消費者庁HP:http://www.caa.go.jp/representation/index.html

消費者ホットライン:0570-064-370
[ 2010/07/02 14:47 ] [雑言] | TB(0) | CM(2)
No title
とにかく、訳のわからない人物に自分の個人情報を握らせることは危険です。
それだけでも十分抑止力になると思うのですが。

商材販売者に騙されサイト運営者に情報握られ…いい加減購入者も自己防衛して欲しいものです。
[ 2010/07/03 09:02 ] [ 編集 ]
Re: No title
>詐欺暴露屋さん

コメントありがとうございます。

今回の一件があって私も初めて調べてみたのですが、危険な話です。

また、キャッシュバック詐欺もかなりあるようで

>商材販売者に騙されサイト運営者に情報握られ…

さらにサイト運営者に騙され・・・ってなってしまうことも。

アフィリエイターによるキャッシュバックは

最低でも禁止にして貰いたいところです。
[ 2010/07/03 12:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

 プロフィール

アッシュ

Author:アッシュに

メールする

 アクセスランキング
 最新コメント
 最新トラックバック


FXってそもそも何?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。